ファーストネットジャパンスタッフブログ
ブログトップ
> カテゴリ
全体
斉藤
Google
未分類
<   2009年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧
次世代言語
皆さん、GWはどのようにお過ごしになりましたでしょうか?
弊社は4月29日~5月6日お休みをいただきました。

私は、この休みを使って、自宅で次期ショッピングカートのソフトの開発を進めておりました。
やはり長期に休みがあるとはかどります。

さてさて、先日、静岡の信用金庫様よりローン返済シュミレーションのWebページの開発を依頼されました。
大手の銀行などでしたら皆さんも見たことがあるかもしれません。
言語はJavaScriptで製作いたしました。
しかしこのローンシュミレーションが曲者でした。
じつはローンの計算って非常に複雑なんです。
入力する値は、借り入れ金額、ボーナス返済額、返済期間、金利とすくないのですが
この4つの値から答えを導きだすためにどれほどの計算が必要か!
甘く見ておりました。
銀行員の方々もそろばん(手計算)で計算できる人はめったにいないらしく、今は専用の電卓で
計算しているのでロジックを知っている人がいないんです。

しかも納品が5日という特急便でしたので自宅に持ち帰って深夜まで考えておりました。
なんとか調べて調べて4日で納品させていただいたのですが、これは過去にないくらい大変なプレッシャーが
かかりました。
でも何とかクライアント様にも喜んでもらえまして安心しましたが・・・・

さてさて、JavaScriptの話がでましたが、よくお客様で勘違いされているのですが
JavaとJavaScriptは同じものだと思っている方がいらっしゃいます。
まったく異なる言語で関係もありません。

JavaScriptはHTMLソース上に書くものでちょっと知識があるかたならそのサイトから解析できるものです。
どういったことに使うかというと、Webページ上でCGIを使うことなくページを動的にできます。
ローンシュミレーションもそうですが、アバター、GoogleMapなどもそうで、マウスジェスチャーを高める機能をもっております。
GoogleMapなどはWeb2.0のAJAXと呼ばれる機能で、JavaScriptで記述された技術です。
JavaScriptもここまでくると、Flashと同じレベルのことができます。
これもブラウザの進化とブロードバンドのおかげであり、ナローバンドなら実現は難しかったでしょう。

それに対し、Javaというものは特別Webにかぎったものではなく、通常のWindowsのソフト、Mac、Linux、携帯アプリ、その他の機器、とプラットフォームを問わないというのが大きな特徴で、どんなソフトも作れます。
JavaScriptのようにソースコードは基本的に見ることはできませんので人に解析されないというメリットがあります。
しかーし、なぜか、Javaはその他の言語に比べて需要がない。(そんな気がする)
しいていうなら携帯のアプリが一番使われているのではないか、そう思います。

プログラムの歴史から見ると、Javaは新しい言語です。
そのため、Javaに手を出すべきかどうか迷うのです。
いま主流はWebシステムです。その中で一番利用されているのがPHPであることは間違いないでしょう。
どうしても需要と供給の面からするとPHP、Perl、JavaScript、ActionScriptなどに行かざるを得ません。

PHP,Perlは市民権を得ておりますが、JavaScript、ActionScriptがどちらが主となるのかせめぎ合いの最中でいまはJavaScriptが優勢であるのは間違いないのですが、まだわかりません。

C言語もBasic言語も消えることはないと思いますが、じょじょに衰退しているような気がします。
Javaはほんとにわからない・・・・
いくのだろうか・・・いかないのだろうか・・・・手をだしていいのかどうか・・・

新しい言語が出るたびにそういったことを考えてしまうのは私だけではないとおもうのですが、どうでしょうかね・・・

でもプログラムって面白いですよ。



[PR]
by 1st-net | 2009-05-06 23:15 | 斉藤
   

大阪のホームページ制作会社(株)ファーストネットジャパンのスタッフによるブログです。有益な情報からたわいのない事まで楽しくご覧いただけます!
by 1st-net
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
> ブログパーツ
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧
▲page top